ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

訓練内容

原子力発電訓練センターではどんな訓練が行われているのでしょうか?

原子力発電訓練センターには、初心者からベテラン運転員まで、
経験と目的に応じた多彩な訓練コースがあります。

当センターでは、原子炉制御員候補の経験の浅い人から、運転責任者に至るベテラン運転員まで、その実務経験と訓練目的に合わせた訓練コースを提供しています。

各コースは、実務経験、訓練目的に合わせて設けられています。

各コースは実務経験、訓練目的に合わせて設けられています。

初期訓練コース 原子炉制御員になるためのコース
再訓練コース 一般コース 継続的に、経験年数に見合ったあらゆる事象の経験を積むためのコース
上級コース
監督者コース
監督者コースIV
運責シビアアクシデントコース
運転責任者(運責)が資格更新するためのコース
実技試験コース
運責シビアアクシデントコース
資格取得準備のためのコース

直員連携訓練コース チームワークと当直長のリーダーシップ向上を目的としたコース
チーム全員で受講(当直 課長、当直 主任、当直 班長、原子炉制御員、主機運転員、補機運転員)